乳酸菌を含む食べ物

乳酸菌を食べ物から摂取するのに効率がいいものとは?

乳酸菌は、私たちの身体に存在するだけではなく、食品の加工や製造などにも使われています。例えば、ヨーグルトなんかは代表的ですね。ヨーグルトから派生して現在ではたくさんのヨーグルト飲料などが発売されています。これらは発酵乳製品というものです。他にも、漬け物などでも利用されています。キムチや浅漬け、洋風なもので言えばピクルスなどがそれらです。乳酸菌は、食品に対してはどのような効果があるのでしょうか。

乳酸菌の働きは、私たちの生体にすむ乳酸菌と同じで、グリコーゲン代謝の際に乳酸が発生するのは食品に利用されたときも同じです。この乳酸によって、風味に酸味がプラスされます。
ですので、酸味を加えたいときや、さらには食品自体が酸性に傾くので、長期の保存が可能になります。酸性の環境下では、雑菌の繁殖を防ぐことができます。これは私たちの体内でも食品内でも同じことが言えるのです。

 

また、乳酸菌でも発酵させるものによって大きく2つにわけることができます。乳製品を発酵させる動物性乳酸菌と、漬け物などを作る際の植物性乳酸菌です。これらは、発酵させるものが違うだけではなく、性格も若干違ってきます。これはまた後ほど詳しくご説明しましょう。
逆にお酒作りの際では、乳酸菌は邪魔者扱いにあります。お酒の場合だと、不必要に酸味が出てしまったり、変な香りがでてしまったりと、お酒の風味を邪魔してしまうのです。いつでも味方の乳酸菌も、嫌われる場合もあるとは意外です。

 

動物性と植物性の乳酸菌

乳酸菌というと、みなさん1種類しかないと思っている方も多いと思います。しかし、乳酸菌には、種類があるんですよ。まず、ヨーグルトやチーズなどに含まれている乳酸菌は、牛などから取られたものを発酵させ、製造されており、動物性の乳酸菌となります。
そして、植物から得られる糖分などを使って製造したものは、植物性の乳酸菌となります。中には、魚貝類などを発酵したものもありますが、こういった食品の場合にも、植物性の乳酸菌を使用したりしているものが多くなります。

 

ということは、乳製品に存在している乳糖を養分として製造されたものは、動物性の乳酸菌ということになります。動物性の乳酸菌の場合には、栄養面に優れているという特徴があるでしょう。

植物性の乳酸菌の場合には、低カロリーという特徴があります。そして、過酷な環境で育っているのが、植物性の乳酸菌となります。「植物性の乳酸菌って、どんな風に増えるのだろう?」と思っている方もいると思いますが、野菜や穀物などの食品から増えることになります。

 

動物性と植物性の乳酸菌の大きな違いは、植物性乳酸菌の場合には、微生物との共存が可能ということが上げられます。また、高濃度の食塩の中でも生存することが可能という違いがあります。
このように、同じように思われる動物性と植物性の乳酸菌は、それぞれ特徴なども異なることになります。しっかりと、腸に乳酸菌を届けたいと考えている方には、植物性の乳酸菌が理想的といえるでしょう。

 

食生活に気をつけて過ごすことができる環境のかたはいいのですが、自炊をしないで外食の多い方だとなかなかこのように普段の食生活で乳酸菌を上手に摂取することが難しいことでしょう。そういう方にお勧めなのが乳酸菌サプリです。食生活が乱れがちで便秘になりやすい方が飲むべきサプリですね。